セスキ炭酸ソーダならワイシャツの襟汚れがとれる&防げる!オキシを足して洗浄力UP

ワイシャツの襟についてしまう黄ばみを解消するには【セスキ炭酸ソーダ】がうってつけです。

セスキなら黄ばんだ襟汚れも落としますし、次回から黄ばみをつきにくくする予防対策もできます。

襟汚れをセスキで落とす方法について以下でご紹介します。頑固すぎる黄ばみにはオキシクリーンなどの過炭酸ナトリウムをプラスすることで洗浄力をアップさせ、落としましょう!

綾川みかん

面倒な襟汚れを除去&汚れをつきにくくする方法を見ていきましょう

なぜ黄ばむ?襟汚れ原因は「皮脂汚れ」

ワイシャツの襟汚れの原因は体の皮脂です。黄ばみの正体は皮脂汚れ。しかも普通に洗濯機で洗っても落ちにくいから厄介なんですよね。

黄ばみがとれても何度も使っているうちに今度は黒ずみ汚れが出てくることもあります。これは今まで目立たず残っていた皮脂が長年積み重なった結果です。

毎回完全に除去しなければ黒ずみとして出てきてしまうよう…。なんと厄介な汚れでしょうか。

シャツの襟汚れもスッキリ!セスキで汚れの落とし方

セスキ炭酸ソーダのアルカリ性は皮脂汚れと反応すると石けん成分に変換されます。その反応で汚れが落ちやすくなるんだとか。

  1. 襟やそでなど汚れた部分にセスキ水をスプレーする
  2. しばらく放置後、ブラシなどでこする
  3. 洗濯機で洗う

それでもとれない長年の頑固な皮脂汚れもあると思います…!

そういった場合には過炭酸ナトリウムを使うとスッキリ汚れも臭いも落ちます。

過炭酸ナトリウムは、シミや黒ずみを消してくれたり衣類の殺菌漂白はもちろんなのですが、食器洗い機の洗剤にも使えます。

鍋のコゲも落ちたり、排水溝掃除にも使用可能と、いろいろ万能です。

セスキでカビ予防【セスキ炭酸ソーダ】×【お風呂掃除】のやり方!カビ予防やヌメリ・黄ばみにも効く!!

オキシクリーンで洗浄力を高めた汚れ落としのやり方

中国版のオキシクリーンは過炭酸ナトリウムが入っているので、私はいつもコレ。

過炭酸ナトリウムならセスキ以上の洗浄力を発揮してくれます。

キレイになる上に臭いもとりさってくれるので、ジメジメで臭う梅雨の時期にも特に重宝します。

頑固な襟汚れにお困りの方実践してみてはいかがでしょう。

  1. 大きな鍋に水2リットルをいれる。
  2. 過炭酸ナトリウムを15gほど入れ溶かす。
  3. シャツ全体がつかるように鍋に水をいれ、弱火にかける。
  4. 沸騰する直前80℃くらいで火をとめる。
  5. 熱がとれるまでつけ置きしてまつ。
  6. 洗濯機で通常通り洗濯する

この時ウールや絹などの衣服は使用しないように注意してください。

 

皮脂汚れを予防して汚れにくくする方法

ブラシでこすり洗いも過炭酸ナトリウムで煮込むのも面倒ですよね。

そこで、皮脂汚れが付く前に予防できる方法を紹介します。

一度きれいに洗ったあとは、毎日の予防でなんとかできます。

①セスキ水をスプレーする

毎日の洗濯前にセスキスプレーを襟もとにしゅしゅっと吹きかけるだけで皮脂汚れの防止になります。

洗濯前に襟もとにスプレーするだけなので簡単。

②襟汚れ防止テープ

汚れやすい襟もとに専用のテープを貼り付ける方法があります。テープなら汚れがついてもまた貼りかえるだけなので手間が格段に減りますね。

この方法なら皮脂汚れが長年積み重なって新たな黒ずみを発生させる心配もありません。

汚れたら貼りかえるだけ。簡単に皮脂汚れを予防したい人におすすめです。

 

最後に

皮脂汚れは中々とれないから厄介!

しかも真っ白なワイシャツだと目立つんですよね。一度しっかりと取り除いてしまえば次回から予防もできます。

セスキで落ちなければオキシクリーンなどの過炭酸ナトリウムでしっかり落としましょう。