掃除が苦手さんの掃除力を高めるしくみをつくる3つのポイント

掃除嫌いのズボラママこと綾川みかんと申します。

なにを隠そう。大嫌いなお掃除。片付けもままならないさぼってばかりのママです。むしろ家事全般嫌い。

そんな私もなんとかせねばと日々考えをめぐらしています。

それも、なるべく掃除しないこと&掃除しやすい環境づくりを。いかに自分のような掃除嫌いの手を動かすことができるのかが問題なのです。

1すぐ届く位置におく

すぐ自分の手が届く位置に掃除アイテムを置きます。そうすれば、いざ掃除しようと動き出したときにすぐさま対応できますよね。

掃除嫌いな私にとってこの環境は必須です。

洗面台に雑巾を置く

すぐ届く位置にあると便利なものは雑巾。しかも私の場合は使い捨てにしているので、これもまた便利。使い終わったらすぐ捨てられるので面倒さが半減します。

だって、面倒でしょう。雑巾をキレイに洗って干しておく…こういうことを省いたら掃除の意欲も元の10倍は上がった気がします。

洗面台にこういったものが置いてあると、ついで掃除がすぐできるし、すぐ終わります。

歯磨きのついでに洗面台をささっとこするだけで汚れは全くたまりません。

他には、メイクの終わった後とか、ドライヤーで髪の毛乾かした後とか…洗面台に立つときは1日の中でも何度かあるはずです。その時のついでにささっと掃除が簡単に行えます。

スプレーはすぐ届くところに

掃除しよう、じゃぁ洗剤は?

私はセスキやクエン酸スプレーで掃除をするのですが、これらもすぐ届く所におきましょう。すぐにささっと動くためには、見える位置に掃除アイテムを置くのです。

私のスプレー保管場所は、パイプ棚とかタオルバー。

スプレーボトルの収納で掃除力アップに!簡単便利につるすだけでも詳しく紹介しましたが、基本スプレーは、つるす。

キッチンのパイプ棚につるすだけですぐ届くし、家族にも分かりやすく、楽ちんです。

掃除機はコードレスにしておく

掃除機はコードレスのハンディタイプにしておくとすぐに取り出せます。

すぐに掃除のスイッチをおして、開始することができるのでかなりおすすめ。コードレスも最近はどんどん軽量化され、ダイソンもかなり使いやすくなりました。

以前は音も大きいし、重たいなぁと感じていたのですが新しいものほど軽量化&清音に近づいています

コードレスじゃないものは大きいし、場所もとります。コードを伸ばして、コンセントにさすということがおっくうで中々掃除機も使おうとしません。

でもコードレスならそんなストレスもなく、すぐ掃除ができます。ですから私はコードレス大好き。これがないとやってらんない。

しかも、ダイソンとかの吸引力のあるタイプを選んでいると、多少おさぼりした時でも吸い残しなく、めいいっぱいゴミも吸いこんでくれます

あれ?さっき掃除機かけたのにゴミがある…ということもありません。

掃除嫌いは、掃除アイテムにお金をかけてもいいんだなという実感が湧いちゃいました|д゚)



2片づけやすい環境に

掃除が面倒と思ってしまう要因の一つが、部屋が片づいていないことではないでしょうか。コードレスですぐに掃除機は取り出せたとしても、片づいていないとどうしようもありません。

しかも、少しでも物を出しっぱなしていると、また次から次に散らかってしまいます。

キレイな床だったら、掃除の意欲も湧くのに…ということが多々あります。

床にモノを置かないルールをみにつける

物が多いから断捨離!とも言いたいのですが、毎日増え続けるモノたちと格闘するのも大変です。

まず、必要なことは床にモノを置かないことじゃないでしょうか。

床が散らかっていなければ、掃除機もすぐかけられます。キレイな床だとモップをかけてもっともっとピカピカにもさせたくなります。

というわけで、なによりはまず、「床にモノを置かないこと」を実践しましょう。

買い物袋の中身はすぐに片づけること

カバンは床に置かず、収納。収納場所がない…というならまずは、ソファや棚の上などに置いておく。もちろん、後日収納場所は考えましょう。

洗濯物はすぐ片づけること。

それでも、やっぱり散らかってしまうのなら、箱を置いておきます。その中にすぐには片づけられないものを一旦入れておきましょう。

子供のおもちゃとか散らかります。なので、箱にとりあえず入れて、あとで子供に渡して自分の部屋に持っていかせるようにするといいですね。子供も片づけやすいはず。

そして、ゴミはすぐ捨てること

お菓子の袋とかは、私はすぐに捨てるんですが、空のペットボトルとか置きっぱなしになることがあります。そういうものも、すぐに捨てる、もしくはシンクへもっていくこと。

こういった意識を持っていると、床は散らからないはずです。…それでも散らかる場合は、部屋を移動するついでに片づけるとか。

とにかく、床にモノを置かない意識です。その意識づけで変わるはず。

断捨離・収納

どうしても、やっぱり散らかってしまう…

たぶん、そういう場合って自分にあった収納になっていないんじゃないでしょうか。

収納って、自分に合うもの、不向きなものもあります。自分たちの生活習慣に合わせて考えると散らからなくなるかもしれません。

まずは捨てられるものは捨てて、整理整頓。そして収納を考えましょう。

自分はいつもなにを散らかしてしまうのか。例えば脱ぎっぱなしの上着があるのなら、すぐかけられる場所を確保しましょう。

脱ぎ散らかしてしまう場所に上着をかけるところをつければ…もう床に置くこともありません。

自分が散らかしてしまうものや原因をさぐりながら収納を考えていくと、自分にとって最適な、散らかさない部屋ができあがります

書籍やネットの片づけも参考にはなりますが、自分にとって最適かどうかは自分にしかわからないものです。

片づけたいと思うなら、自分の行動をあらたまって考えてみてください(*´ω`*)

3雑誌やSNSを見よう

テレビでのお掃除特集を見ると意欲が湧きます。それと同じで雑誌を読むと、これを実践してみよう、この部屋キレイ。自分も同じようにしたい、と意欲が湧きます。

私、単純( ´∀` )

でもね、こういった視覚から入ると掃除したい衝動にかられやすくなるんですよね。

そして、最近はSNSでもお掃除のやり方やキレイなお部屋を公開している方が増えました。ピカピカに磨き上げられたお部屋。お掃除している最中の写真や動画。

これらを見るだけでも、あ、自分もやらなきゃなと気づかされます。

排水口の掃除かぁ、そろそろうちもやろう。となるのでSNS、とくにインスタはよく見ています。見るだけでも参考になります

もちろん投稿をするともっとやる気になるので、おすすめです。

最後に

掃除嫌いが実践する、掃除力を高めるやり方についてでした。

ついで掃除と、キレイなお部屋。これさえ手に入れられれば掃除苦手さんも楽になるはずです。

ポイントは3つ。

  • すぐ届く所に掃除アイテムを置くこと
  • 床にモノを置かないルールと収納
  • 雑誌やSNSで刺激を受ける

とくに、モノを置かないルールは重要です。モノが散らかっていないだけですっきりとし、気持ちも晴れやかになります。

そして、掃除がしやすい。子供も遊べるしね。

このルールが続けば次はテーブル、ソファの上、棚の上とやる気につながります。そして、掃除力もアップ

一つ一つ、できることを増やしていきましょう。できる。私にも、掃除苦手なあなたにも、できる力は秘めています。できるのよ私は!と思ってお掃除がんばりましょ。