アルカリ性と酸性混ぜても平気なの?セスキ・重曹・アルカリ電解水に危険はないのか

「混ぜるな危険」と書いてある洗剤ってありますよね。例えばクエン酸には、大きく注意書きをしてあります。これはなぜなのでしょうか。そして混ぜたらどうなるの!何が危険なのか、何なら大丈夫なのか…

アルカリ性と酸性を混ぜることの危険性とそうじゃない洗剤ってなに。だってね、アルカリ電解水もアルカリになります。これも同じように危険なのでしょうか!

正しくお掃除するうえでちゃーんと知っておきましょう(*´ω`*)

「混ぜるな危険」とは何か

よく市販の洗剤に「混ぜるな危険」という表記があります。どんな洗剤に書いてあるか覚えていますか?これは、漂白剤などの塩素系の洗剤です。キッチンハイターとかそうですよね。

そしてもう一つが酸性の洗剤です。

注意
塩素系の洗剤+酸性の洗剤=毒ガスが発生!

そう、この2つの洗剤は混ぜると危険なんですよね。ガスが発生しちゃうんだって。

でもこれって市販の洗剤で、ナチュラル洗剤には関係ないでしょ?というとまたちょっと違うんですよね。

ナチュラル洗剤で酸性というとクエン酸やお酢がこの混ぜるな危険のものになります。パッケージにちゃんとでかでか書いてありますよ。塩素系と混ぜるな!!と( ゚Д゚)

もううちに塩素系はない!すべてキレイに卒業したんです。という方なら問題はないかもしれませんが併用しているという方は気をつけましょう。

とくにあり得るのがトイレの洗剤です。

やっぱね、トイレって臭いがきついですからここだけはどうしても塩素系を使っているんだ、という方や塩素系のカビ取り剤はお風呂場で使っているんだという方も多いでしょう。

うちもまだまだ捨てきれず。

トイレが臭い!原因はフチ裏じゃない?クエン酸&セスキで撃退しよう くさい!トイレの日常の消臭にクエン酸スプレーで芳香剤いらず

エコな方法で落とすこともできますが…それでも臭いが気になる場合も多いでしょう!でもこのトイレでの密閉空間で今日はクエン酸、今日は塩素系…と併用するのは危険です。

使うのならどちらか1種類にしないといつの間にかガスが発生して事故につながることだってあるかもしれません。

別に混ぜてるわけじゃないし…と過信していても流しきれず残ってしまうこともあります。気をつけて使いましょう!

塩素と混ぜると危険、対処法は?

塩素系の洗剤と酸性の洗剤を混ぜることはちょっと危険です。とはいえ、なかなか一つの洗剤では汚れが落ちないことも多いですものね。いろいろな洗剤を使ってしまうこともあるでしょう。でもすぐに落ち着いて対処すれば大丈夫。

もし誤ってその2つを混ぜてしまったとします。少量なら焦ることはありません。次のような対処をします。

  • 洗剤が目や肌についてしまったのならしっかりと水で洗い流しましょう。
  • 窓をあけてしっかりと換気をしてその部屋から離れましょう
  • 刺激臭がしなくなったら水で洗い流します

 

アルカリ性と酸性混ぜるとどうなるの?

塩素系と酸素系は混ぜたらダメということは分かるんですが、アルカリ性と酸性も混ぜると危ないと聞いたことがあります。

アルカリ性といえば重曹やセスキ、アルカリ電解水などですね。

…でもこのエコ洗剤たちはクエン酸と併用することって多いんです。重曹をふりかけてクエン酸でしゅわしゅわと発泡させて汚れ落としになったり…などなど。

アルカリ性+酸性=激落ち洗剤に!

でも、これってもしかしてアウトなのか?と思ってしまった私。

 

調べてみた結果、実際にはガスなどはとくに発生はしません。なのでセスキとクエン酸をまぜて掃除につかってもなんら危険なことはありませんでした。私の早とちりかい(´-ω-`)

でもあんまり2種類以上の洗剤を混ぜることは避ける方がいいようですね。

危険性はないものの、アルカリ性と酸性の洗剤を混ぜてしまうと威力が薄れてしまいます。それはアルカリ性と酸性は混ぜると中和されてしまうためです。

調べてびっくり、え、ダメなの?

中和されて洗剤の威力を落としてしまうのでこの2つは混ぜない方がいいみたい。

とはいえ、重曹とクエン酸をまぜると発泡の威力で汚れ落としになる、という掃除法もあります。あれは、重曹の研磨力をアップさせてくれるからいいんじゃないかなぁと勝手に想像。

発泡力で汚れを浮き上がらせてくれるわけですからね。簡単掃除にはむいているんじゃないかな。

正しく使う上で重要なこと

洗剤はナチュラルなものでも、そうじゃなくても、正しく使うことが大事!間違った知識やあやふやなまんま使うとあとあと怖い目にあうかもしれません。塩素と酸性は気をつけよう!

重要なことはその洗剤の種類を知ることです。洗剤の特性、汚れの特性この2つを見極めれば汚れも落とせて危険もありません。覚えるしかありませんが日々使っていれば自然と頭に入るものですよ。

セスキ・重曹・過炭酸ナトリウム・・・アルカリ性
クエン酸・酢・・・酸性

ナチュラルクリーニングで怖いことはない?

危険危険といっていてもナチュラルクリーニングにおいて怖いことって市販のものと比べたら全然低いですよね。

混ぜる時には注意した方がいいですが、アルカリ度の低い重曹なんかは肌にも優しいので素手でさわっても大丈夫ですし、子供と掃除もやりやすいです。

塩素とは違って臭いも無臭で夜にふきんを漂白しても気になりません。

とはいえ過炭酸ナトリウムは密閉すると危なかったり、ガスが出てきたりもしますけどね。

過炭酸ナトリウムが火事になる?かわいい容器にいれちゃダメって知ってた?正しい保存方法を知ろう

とにかく注意点さえまもれば怖いことのないナチュラル洗剤、日々の汚れも落とせて臭いもなくハマります。

最後に

混ぜるな危険とかかいてあるとドキリとしてしまっていましたが、ようするに不用意に他の洗剤と混ぜないことです。不安なら調べてから使う、注意書きを読むということを意識しておけば怖くありません。

調べるのとか面倒やんと思っていても慣れてしまえばなんとなく覚えていられます。自分で気をつけられるようにナチュラルクリーニングを習慣づけてみてください。掃除が楽になる部分も見つけられるはず!