アルカリ性と酸性混ぜても平気なの?セスキ・重曹・アルカリ電解水に危険はないのか

「アルカリ性と酸性って混ぜて大丈夫だったっけ?」
「セスキや重曹に危険なものは入っていないのか」

そんな疑問をもっている主婦の方はいませんか。市販の洗剤に『混ぜるな危険』の表記を見ることもありますよね。私も、塩素系やクエン酸水などの容器で見たことがあります。

そこで今回は

  • アルカリ性と酸性を混ぜるとどうなる?
  • 「混ぜるな危険」は関係ない?
  • 正しく使う上で重要なこと
  • ナチュラルクリーニングの怖いところ

以上の内容を紹介します!

綾川みかん

混ぜたら危険を混ぜるとどうなるの!?という素朴な疑問

アルカリ性と酸性混ぜるとどうなるの?

アルカリ性の洗剤と酸性の洗剤は混ぜても危険はありません

「アルカリ性×酸性」を混ぜることは問題ないです。

アルカリ性といえば重曹やセスキ、アルカリ電解水などですね。

「混ぜるのは良くないかしら?危険なことない?」と疑問に思ったんですが、調べてみた結果、実際にはガスなどはとくに発生はしません

なのでセスキとクエン酸をまぜて掃除につかってもなんら危険なことはありません。

綾川みかん

でもあんまり2種類以上の洗剤を混ぜることは避ける方がいいみたい

クエン酸+重曹は効果が半減する??

クエン酸と重曹を混ぜても危険はありませんが、威力が薄れてしまう可能性があります

なぜかというと、アルカリ性と酸性の性質上、混ぜると中和されてしまうから

洗剤の威力が強くなるのではなく、反対に薄まってしまってしまいます。

綾川みかん

クエン酸と重曹の発泡パワーはよく知られているのに効果なかったのはビックリ!

排水口掃除で重曹とクエン酸を混ぜてから水をかけると効果が上がるという紹介を見たことがあります。しかし、それは無意味でした。

使うならどちらか一方にするか、オキシクリーンなど過炭酸ナトリウムの洗剤を使う方が威力は格段に高いということ。

石けん百貨の情報なので信ぴょう性は高いと思います。

参考 重曹とクエン酸を混ぜるのは止めなさい!! ~時間と資源のムダ遣い石けん百貨

「混ぜるな危険」とは何か

では『混ぜるな危険』とは何でしょう?よく洗剤のパッケージに表記されている混ぜるな危険の文字。

これは、「塩素系」と「酸素系」の洗剤を混ぜてはいけないということです。

例えばキッチンハイターなどの塩素系漂白剤とクエン酸などの酸素系の洗剤。

この2つの洗剤を混ぜてしまうと有毒なガスが発生します。

注意
塩素系の洗剤+酸性の洗剤=毒ガスが発生!

2つの洗剤は同時に使わないように注意しなければいけません。

綾川みかん

「アルカリ性」と「酸性」ならオッケー!「塩素系」と「酸性」はNGです!

ナチュラルクリーニングでも注意!

ナチュラルクリーニングに使うクエン酸は『酸性』です。ナチュラル洗剤だからといって安心してはいけませんね。

酸性の洗剤・・・クエン酸や酢

ナチュラル洗剤に使われる酸性とは、クエン酸やお酢。クエン酸のパッケージを見ると「塩素系と混ぜない」と書いてあります。

危険なのはトイレの洗剤ではないでしょうか。ナチュラル洗剤が好きな人もトイレだけは塩素を使っているパターンもありますよね。

トイレの臭いや汚れは頑固なもの。ナチュラル洗剤だけでは追いつけません。また、お風呂のカビ取り剤も同様です。とれない汚れは塩素系がいちばん。

私も、上記2点の洗剤は手放せません。心強い私の見方。カビとトイレの臭いを撃退してくれる必須アイテムです。

そこで、危険になるのがトイレ掃除中「クエン酸水」と「塩素系漂白剤」を使うこと。

密閉されたトイレの中。2つの洗剤を使えばガスが発生する恐れがあります。併用は危険です。使用するならどちらか1種類だけにすれば無用な事故も起きません。

綾川みかん

クエン酸はトイレの臭い防止につながると以前記事にしました。しかし塩素系も使いたいのならどちらかに限定を!
トイレが臭い!原因はフチ裏じゃない?クエン酸&セスキで撃退しよう くさい!トイレの日常の消臭にクエン酸スプレーで芳香剤いらず

塩素と混ぜると危険、対処法は?

万が一塩素系と酸素系の洗剤を混ぜてしまった場合、水で洗ってすぐ換気をします。

頑固な汚れが落ちない時、色々な洗剤を使ってしまうもの。

なかなか一つの洗剤では落ちないからと色々試すうちに、うっかり塩素と酸素の洗剤を同時に使ってしまった!という場合には落ち着いて対処すれば問題ありません。

次のような対処をしましょう。

  • 洗剤が目や肌についてしまったのならしっかりと水で洗い流す
  • 窓をあけてしっかりと換気をしてその部屋から離れる
  • 刺激臭がしなくなったら水で洗い流す

上記の手順で落ち着いて対処すればほとんど問題はありません。万が一おかしいと思った時は、病院へ。

正しく使う上で重要なこと

洗剤はナチュラルなものでも、そうじゃなくても、正しく使うことが大事!間違った知識やあやふやなまんま使うとあとあと怖い目にあいます。

重要なことはその洗剤の種類を知ること。洗剤と汚れの特性を見極めれば、危険はありません。

セスキ・重曹・過炭酸ナトリウム・・・アルカリ性
クエン酸・酢・・・酸性

ナチュラルクリーニングで怖いことはない?

ナチュラルクリーニングの危険は市販の洗剤と比べたら格段に低いです。

混ぜる時には注意した方がいいですが、アルカリ度の低い重曹は肌にも優しいので素手でさわっても大丈夫です。だから子供と安心して掃除ができます。

塩素とは違って臭いも無臭。怖いことは少ないです。

とはいえ過炭酸ナトリウムは密閉すると危なかったり、ガスが出てきたりもしますけどね。

過炭酸ナトリウムが火事になる?かわいい容器にいれちゃダメって知ってた?正しい保存方法を知ろう

綾川みかん

注意点さえまもれば怖いことのないナチュラル洗剤、日々の汚れも落とせて臭いもなくハマります。

最後に

混ぜるな危険とかかいてあるとドキリとしてしまっていましたが、ようするに不用意に他の洗剤と混ぜないことです。不安なら調べてから使う、注意書きを読むということを意識しておけば怖くありません。

調べるのとか面倒やんと思っていても慣れてしまえばなんとなく覚えられます。自分で気をつけられるようにナチュラルクリーニングを習慣づけてみてください。掃除が楽になる部分も見つけられるはず!