セスキ炭酸ソーダと重曹の違いって何?使い分け方ってどうすりゃいい?

セスキ炭酸ソーダも重曹も同じアルカリ性の成分をもっています。

「なんだか似た成分でどう違うのかイマイチ分からない」

「セスキも重曹も持っているんだけど、なにに使えばいい?」

そんな疑問をもっている方に向けて私なりに使い分け方を考えてみました。

  •  そもそもセスキと重曹の特徴って?
  •  セスキと重曹の使い分け方
  • ここだけは使っちゃダメなNG場所

以上の内容を紹介した記事になっています。

 

セスキも重曹もいまでは100均でもどこでも手に入れられるようになり便利になりました。その分掃除場所にも悩んじゃいます。

それぞれポイントをおさえると効率よく掃除できるようになるので、汚れも落ちやすくなります。

綾川みかん

ズボラの私なりの簡単使い分け方を紹介します♪掃除の効率をあげましょー

セスキ炭酸ソーダと重曹…ようするに何が違うの?

 

セスキと重曹、成分としてはどちらもアルカリ性で落とせる汚れもにたりよったり

ただ、重曹の場合はph8.2なのにくらべセスキはph9.8と数値が高くなっています。

いまいちピンときませんが、phが1違います。

1違うだけなのですが、これ甘く見ちゃいけません。1違うだけで10倍の差がつくとのこと。

重曹の10倍の威力がセスキ炭酸ソーダにはあります

なので重曹で落ちなかった汚れもセスキで掃除すると簡単にスルリと落とせることも。

ですが、重曹の方が汚れ落ちがいいものもあるんです。

セスキ炭酸ソーダと重曹の使い分け方

セスキ炭酸ソーダ重曹
油汚れ
洗濯×
研磨×
脱臭

油汚れにはセスキ、研磨には重曹がおすすめ。以下で詳しく解説していきます。

セスキで落とすといい掃除場所

  •  油汚れ
  •  洗濯汚れに効く

 

セスキの掃除としていちばん効力を発揮するものは【油汚れ】ですね。

本当によく効くので年末の換気扇掃除やガスコンロ掃除にはかかせません。

セスキだけ!ガスコンロの大掃除で五徳もコンロ下もピカピカ セスキ炭酸ソーダでレンジフードをらくちん大掃除してみた!ホコリ&油汚れも力いらずにピカピカに!

以上の2つの記事でも紹介していますが、油汚れがスルスルとれて大変便利!放置するとこびりついちゃいますからね。なかなか頑固な汚れを蓄積させてしまいます…

そんな汚れもスルスルとれるセスキ炭酸ソーダはぜひ油汚れに使いましょう。

もう一つが、洗濯の洗剤として使う方法です。衣類汚れには重曹よりもセスキが優れています。

なぜかというと、セスキの方が水に溶けやすいから。水にとけるということは洗濯機にかけたときにも溶け残りが起こりません。詳しいセスキ洗濯方法はセスキ洗濯でエコで節約できる!頑固な汚れも落とす洗濯のやり方とコツは?の記事を参考にしてみてください。

セスキ洗濯でエコで節約できる!頑固な汚れも落とす洗濯のやり方とコツは?

重曹の方が優れているもの

  •  研磨力
  •  脱臭・吸湿力

重曹はアルカリ度はセスキに劣りますが、研磨作用があります。例えば鍋のコゲ落としなど磨く掃除に向いています。ヤカンにこびりついたコゲなどキレイに重曹で落とすことができるはずです。

鍋のコゲおとし

①コゲついた鍋を用意し、水と重曹を小さじ2入れる。
②沸騰させたら火をとめ、数時間放置!コゲが浮いてくる。

それでもとれない頑固なコゲには、重曹をふりかけてタワシなどでこすり洗いするととれます。

*アルミ製の鍋は使わないこと!黒ずんでしまうので注意しましょう。

重曹は研磨力、そして「脱臭」の効果が期待できます。

臭いを吸い込むので、消臭剤の代わりになります。

  •  魚焼きグリルの臭いとり
  • ゴミ箱に重曹粉をふりかけて消臭
  •  靴箱やタンスの消臭剤に
  •  カーペットの臭いとりに粉をまいて、放置後に掃除機で吸う

 

重曹が臭いを吸い込んでくれるので臭いが気になる箇所に設置してみましょう。プラスでアロマをいれると芳香剤のように香りを楽しむこともできますよ。

脱臭力はセスキより重曹の方が優れています。効果を高く感じたかったら重曹を選びましょう。

重曹やセスキを使っちゃいけないNG素材!

重曹とセスキ炭酸ソーダは成分も効果も似ていますが「使えない素材」は多少違います。

ポイントを抑えてそれぞれの苦手箇所を把握しましょう。失敗すると黒ずみなど余計な汚れをつけちゃいますから…。

【重曹】のNG素材

アルミ・銅・畳・漆製品・シルク・ウール・表面加工なしの木製品など

【セスキ炭酸ソーダ】のNG素材

アルミ・銅・畳・白木・土壁・漆喰・真ちゅう・表面加工なしの木製品など

以上が重曹とセスキの苦手な素材です。共通するものもありますね。異なる項目もあるので注意してそれぞれ掃除の役に立てましょう。

ちなみに使用期限はどちらも1か月程度です。1か月で使いきれる量だけをスプレーにするなり常備しておくのをおすすめします。

最後に

セスキ炭酸ソーダは「油汚れ」「洗濯」が得意。

換気扇やコンロまわりの油汚れにはセスキを使うとスルッと汚れが落ちます。洗濯に使うのもおすすめ。

重曹は「研磨」「脱臭」に効果を発揮します。

鍋のコゲやコンロのコゲ、シンク磨きには重曹ですね。また、靴などの消臭にも効果が期待できるので、玄関先に重曹の粉をおいて脱臭に使うのもおすすめです。

それぞれ使い分けるとさらに掃除力も上がりますし、汚れ落ちも期待できますね♪

綾川みかん