週末の上靴洗いを劇的に楽ちんに「つけ置きオキシ」で簡単ピカピカ♪

上靴洗いは週末のママたちを悩ませます。子供が多いとその分大変ですよね。なぜ毎週靴裏が真っ黒になるのか…

そこで便利すぎる洗い方を紹介!

オキシクリーンをバケツに溶かしてほりこんでいくだけ!なんとズボラな私らしい洗い方でしょう…(´-ω-`)

でも簡単なわりに落ちるんです。

「待ち伏せオキシ」で学校から帰宅した子供たちにいれてもらいましょう。あとは各自ブラシをもって次の日に洗うだけ。

驚きの白さを実感できるはず!

オキシクリーンで上靴なら問題なく洗えます

オキシクリーンで靴洗いしてもいいの?という疑問ですが、白いスニーカーや上靴など、特殊な装飾がしてあるわけでもないので、何の問題もなくあらえます。

ダメな靴というと革靴や合皮、エナメル製のものなどはNGとされています。ですから、学校で使う子供の上靴には何も問題ありません

ドボンとオキシ漬けしちゃいましょう(*´ω`*)

オキシクリーンのつけ置きで上靴汚れがピカピカになる洗い方!

週末の上靴洗い…子供が多いほど絶対的に面倒な作業です。できるだけ簡単にすませたい…!

自分で洗える年齢になるまでパパママの負担は増大。休みの日なのでできれば休みたいよね!

綾川みかん

休みの日に休ませてくれない洗濯&掃除の土日でしょうが、なくなく靴も洗います。そんな面倒な靴洗いを簡単に楽にすませてくれるのは、やはりオキシクリーンでした。

バケツにオキシクリーンを溶かすだけ

  • バケツ
  • オキシクリーン1杯
  • 靴用ブラシ
  • お湯

用意するものはこれだけ。

バケツにお湯とオキシクリーンを入れて溶かします。ここに汚れた上靴をいれて数時間置きます。私は金曜の夜に入れて翌日洗うようにしています。

綾川みかん

バケツ用意しといて家族にぼんぼん上靴つっこんでってもらえばOK!これが「待ち伏せオキシ」というらしい

一晩放置後、ブラシでこすれば完了

ほったらかした後はいつものようにこするだけ。ただし、手袋は必ずしましょう。

手袋をしないと手荒れはヒドイし、手の油脂も失われてしまいます。肌トラブルを起こしたくないのなら手袋必須!

これでビックリするほど落ちるのだから不思議。

皮脂汚れもクレヨンや絵の具の貼りついた靴裏もなんのその、ぴかぴかです。気持ちよく月曜日に上靴をもっていけることでしょう。

綾川みかん

一晩でなくともOK!日中に2時間ほど放置しているだけでも結構おちます!

失敗しないために気をつけたいポイント

オキシクリーンの靴洗い、失敗することもあります。汚れが残って…なんだかイマイチ…そうならないために気をつけておくべきポイントの紹介です。

  1. 手袋の着用
  2. オキシクリーンはしっかり洗い流す
  3. 日陰に干す

①手袋の着用

先ほどから散々いっておりますが…!手袋がやはり鉄板。

手袋してのオキシ漬けで手荒れ無し。快適に作業を行うことができます。油脂までとりさってしまうのがオキシクリーンの威力です。強力な洗剤を使う際はかならず手袋をおすすめします。

これなら手荒れが気になる方も、傷が気になる方も傷みもかゆみもなく作業が進みます。

②オキシクリーンはしっかり洗い流す

靴をブラシでこすったらしっかりとオキシクリーンを洗い流しましょう。その際、洗濯機をつかってすすいでもOK

すすぎ洗い~脱水を洗濯機まかせにすると簡単で手間もはぶけて、しっかりとすすぐことができます

ただし、洗濯機に入れる時は靴用の洗濯ネットを使用しましょう。

なぜ、しっかりと洗い流さなければいけないのかというと…黄色く変色することがあるからです。

アルカリ成分が残ったまま外に干すと、紫外線反応し、黄ばんでしまいます。洗ったのにまた汚してしまった…!という失敗をしないためにもしっかりすすぐことも重要です。

③日陰に干す

日向でしっかり乾燥させたい!そんな気持ちを抑えて日陰干しを推奨。

白い上靴はそこまで変色の問題もないかもしれませんが…陰干しする方が一番安全策です。変に黄ばみが発生したりもせずキレイな仕上がりになるでしょう。

最後に

上靴のオキシ漬けで快適な真っ白な靴に!気持ちいほど汚れが落ちるので便利。

週末はオキシ液を作っておいて、ぽんぽん投げ入れてもらえばほぼ完了!翌日、ブラシで軽くこすって洗濯機にぽん。大変な家事は簡単にすますのが主婦の基本か…!

「待ち伏せオキシ」と紹介してあったのがこの本。オキシ好きなら1冊手に入れておいて損のない書籍です。