洗面所の蛇口もシャワーヘッドも、クエン酸と重曹でしゅわあわキレイに

洗面所の蛇口の掃除。あんまりやらないと…めっちゃ汚い場所です。しかもここにカビがいる…損な場所で、毎日手を洗う、顔を洗う。そんな場所だからこそ清潔キレイにしておきたいですよね。

あまり下からのぞき込むことはないと思いますが、ふいに見つめたその先は…まぁなんて真っ黒な光景なのでしょう。私、今回かなりヤバめに放置してしまいました。気づいたら真っ黒。

どこかというと、洗面所の蛇口です。うちは、シャワーヘッドのタイプ。そんなシャワーヘッドをのぞき込むと真っ黒。やばっ…

あんまり見ない所とはいえ、こんな真っ黒に気づかず毎日手を洗っていたようです…おぅ…( ゚Д゚)

使うものは、重曹&クエン酸。これさえあれば洗面所はキレイに清潔をたもてます。おかげでうちの蛇口もかなりキレイに磨くことができました!よかった!助かった!

しかもシャワーヘッドなのでノズルは引き出せます。そのまま水にちゃぽんと入れられるので、このタイプは掃除が楽ちん。

もちろんお風呂のシャワーヘッドにも同じ方法でお掃除できます。

 

クエン酸+重曹で、蛇口だけでなく、洗面ボウルもキレイ。ピカピカ。クレンザーいらずで輝きをとりもどしましょう。

洗面所のシャワーヘッドが汚すぎる

今回、掃除するにあたり…ちょっときつめの汚い画像を用意しました。

苦手な方はこの先はみませんように…ご容赦ください(;´・ω・)

洗面所の蛇口、うちはシャワーヘッドのタイプです。なので引き出して、伸ばせます。掃除はしやすいですね。でも、今まで怠っていました。

しかし、ふと見ると…なにこれヤバい汚い黒いグロイ( ゚Д゚)

そんな状況に旦那も気づき、掃除命令くだりました。はい、しようと思っていたんです。はい。

では、そろそろその画像をお見せします。グロイよーやばいよー。苦手な方はばっくぷりーず。

 

 

 

 

う。

 

汚いね。すみません。ちょっと暗めに加工はかけましたがヤバいよん。

こんなきつめの汚れには、重曹で研磨しつつ、クエン酸で水垢を落とそうと思います。

シャワーヘッドは重曹+クエン酸の泡掃除

うちの洗面所の蛇口はノズルがのびるシャワーヘッドのタイプ。お風呂のシャワーヘッドももちろん同じ方法でOK

そんなシャワーヘッド掃除に使うものは2つだけ。

  • 重曹
  • クエン酸(酢)

①クエン酸でつけ置きする

クエン酸を溶かした水の中にシャワーヘッドを1時間ほどつけておきます。

水2Lに対し、クエン酸大さじ1程度

 

私は、洗面所の水受け部分も一緒に掃除したかったため、全体に水を溜めてクエン酸をいれました。オキシ漬けならぬクエン酸漬け^^

でも、こんなに大量に水張らなくとも、お手軽に洗面器等に水を溜めてやってもOK

この時、シャワーヘッドの部品が取り外せるタイプなら外してつけおきしましょう。

ここをくるっとまわして…みたら外れた(*‘ω‘ *)

ので、分解。

真ん中の黒いのがフィルターだそう。。この部分はクエン酸水につけないように横において、他の部品だけつけました。

②重曹をふりかけてこする

1時間ほど置いたら、重曹の粉をふりかけます。しゅわしゅわなるのが面白い(*‘ω‘ *)

スポンジや歯ブラシをつかって汚れた部分をゴシゴシとこすり洗いします。シャワーヘッドの部分は細かいので歯ブラシが便利ですね。

細かい穴の汚れも気になるようならつまようじなどでガシガシと汚れを落とします。

なんとなくとれないところもあったので、私は仕上げにメラミンスポンジでゴシゴシしたらとれました。

ぺかーー( ゚Д゚)!!キレイキレイ♪

あとは、洗面所の水受け全体もメラミンスポンジでゴシゴシこすりましたよ。毎日洗面所でメイクをしていると、汚れるんですよね。ファンデーションの液がぴちゃぴちゃと。適当に水で流しても油分ですから…あれ、なんとなく汚れが残ってしまいます。そんな汚れもなんのその。今回のお掃除でみごとピカピカに生まれ変わりましたー。

キレイってすばらしい(*‘ω‘ *)

水垢汚れにはクエン酸、磨くのは重曹

今回、使用したクエン酸は水垢を落とす役目がありました。

水垢には、クエン酸です。

食用のお酢やホワイトビネガーとかでもOK!酢が水垢を落としてくれます。ただ、個人的にはクエン酸がおすすめ。だってツンとした酢の独特のニオイがありません

お酢嫌いな旦那にも文句をいわれずお掃除できます(; ・`д・´)!

そんなクエン酸ですが、重曹をプラスするともっと汚れ落ちがパワーアップ。このとき、セスキは使いません。重曹がイイと個人的には思っています。

なぜかというと、重曹には研磨剤の効果があるからです。ようするにクレンザーのような効果を期待しています。

実際、重曹で磨くとなんでもよく落ちるんですね。研磨してくれるから、ちょっと頑固にこびりついた汚れも落としてくれます

基本的にクエン酸で水垢は落ちますが、頑固そうな汚れには重曹をプラスするのがおすすめです。

強力な水垢にはクエン酸パック+重曹もアリ

酢水につけおきできる場所ならいいのですが、蛇口の柄の部分とか無理ですよね。根元部分とか、取っ手とかね。そもそもシャワーヘッドのタイプじゃないとつけ置きもできませんし。

そういう水につけおきができない場所の水垢が頑固で…どうしてもとれないんだー。

という場合には、クエン酸パックがおすすめです。

水垢が気になる部分にペーパーをかぶせ、クエン酸水を吹きかけます。30分程度おいてから、重曹の粉をかけて磨きましょう。そうすると強力な水垢も落ちるハズ。

最後に

シャワーヘッドの水垢にはクエン酸水につけること。1時間くらい置いたら、重曹で磨く!これで大抵の水垢はとれるし、ついでに洗面所の水受けもお掃除完了。

今回、この2冊を参考にしながらお掃除していました。クエン酸と重曹があると洗面所もピカピカに。普段の毎日掃除にはクエン酸水しゅしゅっとひと吹きでいいと思います。

でも、たまにしっかり掃除するとよりきれいにピカピカになって気持ちがイイ。

普段は→クエン酸水スプレー

月1回→しっかりクエン酸水つけおき+重曹

こんな感じでお手入れするのが理想。

月1回とかタイミングを忘れそうなら、毎月1日と日付を決めてしまってもいいかもしれませんね。

ちなみに最近、掃除の本はAmazonの読み放題で読んでます。この上の2冊もKindle Unlimitedで読むことができちゃう。何冊読んでも980円( *´艸`)

もし本を購入されるのでしたら、読み放題がお得です。