壁紙クロスのデコボコ汚れがどうしても落ちない!ウタマロクリーナーで大解決!

今回は壁紙のデコボコ汚れがどうしても落ちなくてあれこれ試した結果、いちばん有効だったクリーナーを紹介します。

以前にセスキで落としたんですけどそれでもなかなかキレイには落ちなくて汚れが広範囲に広がっているとセスキだけではダメでした。デコボコの中に入り込んだ汚れって落ちにくいんですよね。

キッチンのデコボコ壁に頑固な油汚れ!落ちないアイツを劇的に退治&予防掃除!
キッチンのデコボコ壁に頑固な油汚れ!落ちないアイツを劇的に退治&予防掃除!
キッチンのべたべた油汚れはもう日常茶飯事です。特に油料理が多い家庭だとどんどん汚れますよね。ギトギト…でもそれって換気扇やコンロだけの話じゃ...

そんな同じような悩みを抱えている方にぜひおすすめしたいのが手肌に優しい、環境負荷も極力おさえているのに汚れ落ちがいいクリーナーです。最近はインスタでもよく見かけるので知っている方も多いとは思うんですけどね。

それがウタマロクリーナーなんですが、これがみごとに壁の汚れを落としてくれたんです!

そんなウタマロクリーナーを今回使ってみて、壁に使う時に注意した方がいいこと、私なりにこうした方がいいかもという使い方を記事にしたので参考にしてみてください。

家でなんとしても取れない汚れがあるんだ…という方の悩みが解決するかもしれませんよ。
ウタマロ クリーナー(400mL)【ウタマロ】[液体洗剤]

スポンサーリンク

壁紙クロスの汚れが落ちない

以前にもキッチンのデコボコ壁汚れが落ちないと記事にしました。ですがその時はセスキ水を使いあらかたはとったんです。

キッチンのデコボコ壁に頑固な油汚れ!落ちないアイツを劇的に退治&予防掃除!
キッチンのデコボコ壁に頑固な油汚れ!落ちないアイツを劇的に退治&予防掃除!
キッチンのべたべた油汚れはもう日常茶飯事です。特に油料理が多い家庭だとどんどん汚れますよね。ギトギト…でもそれって換気扇やコンロだけの話じゃ...

キッチンのデコボコ壁に頑固な油汚れ!落ちないアイツを劇的に退治&予防掃除!で紹介した方法は確かによく落ちます。でもやっぱりなんとなく残っちゃうんですよね。油汚れの茶色だか黄色い汚れが…

家事えもん推奨の汚れ消しゴムは効果なし

そこで解決策として新たに購入したのが家事えもんが使っていた汚れ消しゴムです。汚れがこすっただけで落ちると番組では大はしゃぎで子供たちが使っていました。汚れ落とし消しゴム 極東産機 12-7051

確かにこの黒い汚れを落とす!とかピンポイントの汚れならいいんですけど壁ぜんたいなど広範囲に広がるものには不適切です。

しかも力いるし、全然おちない…黒ずみとかもまったく効果はなし。これはかなり残念でした。

ゴシゴシこするのも力がいるし、疲れちゃいます。なかなか落ちないのは汚れが頑固だからかなぁ。とにかくうちの汚れには不向きのようです。デコボコ壁だからかな。落ちにいくのかもしれません。

まだ若干の汚れがありますよね。あとさわるとべとつきます。

デコボコの中に浸透させるクリーナーがいる

デコボコしているからなかなか落ちないんです。これを解決させるために私が選んだのがウタマロクリーナーでした。

ウタマロクリーナーは泡状になっているのでデコボコする場所でも効果があるかもしれません!泡なのでちゃんとデコボコしていても中まで浸透してくれるのではないか?そう考えました。

そして使ってみた結果は……かなり落ちましたー!よかったー(*´ω`*)

これで壁の汚れもすっきりキレイです。なんだか気持ちがいいですね。今後ともこのウタマロクリーナーにはお世話になりそう。こういう落ちにくいところには泡泡洗剤がよさそう。

壁紙汚れが落ちるのはウタマロクリーナー

壁の汚れがとれたよっていうビフォーアフターと、使ってみて壁に使うならちょっと気をつけた方がいいかもしれないことをまとめ。

壁に使うなら当て布でいきおいよく

セスキを使ってもとれず、壁紙汚れ消しゴムというものを購入してもイマイチ

壁に泡を噴射すると液ダレしますよね。いわれなくても予想はつくことですね。うん。でもいちおう書いておきます。

雑巾やペーパーで受け止めながら泡をプッシュしましょう。

この時、液だれを心配してちょっとずつプッシュ…というのはやめてね。ちょっとだけだと余計に液がだらだら垂れます。

勢いよく奥までワンプッシュ!このほうが泡が固まって出てくれるので液だれがけっこう防げます。多少はたれるのでちゃんとうけとめてね。

あとは雑巾などで汚れている場所を拭きましょう。最後は水ぶきで拭き上げて。

使用量の目安は1㎡に5回プッシュ・ガラスなら3回(ウタマロの裏面に書いてるよ!)

キレイになって壁のべたつきもいっさいなくなりました。最近ずっとさわったらべたついていたんですよね。セスキでけっこうキレイになったと思ってもさわると本当…べたべた。

これもなくなり満足です( *´艸`)

頑固汚れは時間をおいて

ひどいよごれの場合には5分くらいおいてからふきとるようにするといいそうです。これもウタマロクリーナーの裏面に書いてました。

汚れは基本、放置ですね。放置後に拭き取りましょう。

換気扇下の壁の油汚れがひどかったので私もこれをやりました。液だれ嫌だったのでキッチンペーパーをしいた上からスプレーしています。

頑固汚れな油汚れ固まっているものがたくさんあったんですが、拭き取ってみると時間を置いた方が断然とれやすかったんです。壁をこすってみるとツルツルでした。うん、きもちい。

右側はなにもつけていないので黄色い汚れがありますが、ウタマロで拭いた左の壁はツルツルです。放置することで汚れが浮き出るので断然こすりやすくて力もいりませんでした。

この壁はもとからツルツルの材質なので掃除しやすいんですけどね、油が固まったのが中々とれなかったんです。それも簡単でした。ウタマロひとつあると壁の掃除がすっごくしやすい^^

水ぶきが大変だった

壁を泡泡すると大変なのが拭き取るときですね。水をバシャバシャかけるわけにもいかないので水で濡らした雑巾やスポンジなどでふきとりました。

ただ壁のデコボコを雑巾で拭くとよけいに泡立ってしまいちょっと苦労しました。

本来ウタマロクリーナーは水ぶきすれば簡単に拭き取れるはずなんです。拭いた後はサラッとしているんですが今回のデコボコ壁はあかん。デコボコしているため泡立ててしまっていました( ´∀` )

しょうがないんですが、こういうデコボコ面の場合はできれば泡は少な目がいいかもしれません。頑固汚れだと少量だと効果は少なくなるかもしれないのでそうもいってられませんけどね。

ウタマロクリーナーがいいわけ

セスキやらナチュラル掃除やらを日ごろ気を使っているのになぜ私が洗剤を新たに購入したのか、それは手肌に優しいからです。

ウタマロっていろんな種類があってややこしいかもしれませんが基本はすべて同じです。

  • 汚れ落ちがイイこと
  • 手肌にやさしいこと
  • 環境にやさしいこと

というコンセプトでつくられているんだとか。ウタマロの公式ページにかいてあります。

「ウタマロ石けん」公式サイト
発売から50年以上、今もクチコミで広がり続けている洗濯石けん。泥汚れ、エリ・ソデ汚れ、化粧品、食べこぼしなどのガンコな汚れをしっかり落とす。他にウタマロリキッド、ウタマロクリーナー、ウタマロキッチンがラインアップ。家事をお助け、ウタマロシリーズ。

ウタマロクリーナー・ウタマロリキッド・ウタマロキッチンが汚れにも効いて環境にも手肌にもやさしいわけはアミノ酸系洗浄剤をしようしているからです。

このアミノ酸系洗浄剤ってアトピーの方とか肌刺激の弱い方がよく使うアミノ酸シャンプーにつかわれている成分なんですよね。

そういった方でも安心して使うことができ、加えて環境負荷も抑えられているというウタマロシリーズはおすすめです。私もずっと手荒れに悩んでいますから(*´Д`)

さすがにそういう刺激に弱いという方は手袋した方がいいみたいですけどね。でも普通の洗剤よりは刺激は圧倒的に少ないので普通の方なら素手でお掃除できちゃいます

しかも汚れ落ちがいいからとインスタでお掃除している方、とってもよくみかけます。泡状なのが魅力的ですね。

セスキ水と違うところはここ!泡になっているから頑固汚れにも浸透します。セスキでとれない頑固汚れはウタマロが活躍できそうです。

最後に

  • 勢いよくプッシュし、当て布で液だれを防ぐ
  • 頑固汚れは5分以上おく
  • あんまりつけすぎると拭くのが大変(デコボコ壁の場合)

というのが壁でのウタマロクリーナーの使い方でした。ひとつあるとすごく便利です。今回私が掃除したこのデコボコ壁ですが、おそらくビニール製の壁紙です。水で濡らしても大丈夫なやつ。

紙製の壁紙だと水を濡らすことができません。ご自宅の壁の種類をちゃんとみてからやってみてくださいね。紙の壁だと家事えもんおすすめの消しゴムでいちど試す方がいいかもしれませんね。

でもウタマロはあると便利でした。香りもいいしおすすめです(*´ω`*)

ウタマロ クリーナー(400mL)【ウタマロ】[液体洗剤]

ちなみにウタマロシリーズは洗濯石けんや洗濯洗剤、食器用洗剤と種類がありますが、今回紹介したのはウタマロクリーナー、間違えないように購入してください^^

店頭では販売していない所もあるようですが大きなホームセンターならあるみたいです。私はカインズモールで見かけました。