過炭酸ナトリウムとは?カビ取りも漂白もできてニオイなし!絶対すすめたい酸素系の魅力

過炭酸ナトリウム=酸素系漂白剤とはなんなのか、今回きちんと調べてみました。成分は?威力は?使える場所ダメな場所は?危険はないのかなどなど。

この過炭酸ナトリウムですが有名な商品でいうとオキシクリーンではないでしょうか。ただしこのサイトでも何度もいいますが日本向けに作られたオキシクリーンがこのタイプ。(1.5kg買ったのに消費しましたすでに(´-ω-`))

私はこの酸素系漂白剤にハマり中です。

普通、カビ取り剤というと塩素系ですよね。でも塩素ってすごくツンとくるニオイがあります。あのニオイは好きですか?私は嫌いなんですよね…

あの嫌いなニオイがしない酸素系漂白剤は無臭です。換気はもちろん必須ですが、臭くないから作業もしやすく、体に悪いことしてない感じがします(”◇”)ゞ

そんな理由でハマった酸素系漂白剤、もとい過炭酸ナトリウムについて紹介します。

スポンサーリンク

過炭酸ナトリウムとはなんなのか?

成分はアルカリ

過炭酸ナトリウムの成分は弱アルカリ性です。セスキや重曹と同じくアルカリなんです。ただ、アルカリの強さが違います。pH10.5なので重曹<セスキ<過炭酸ナトリウムという具合に一番アルカリ度は高いものです。

アルカリ度が高いということは洗浄力が高いものです。洗浄力が高いということは肌への負担も大きいものです。重曹やセスキとは違います。ちゃんとゴム手袋をして肌への負担を少なくしましょう。でないとあっという間に荒れます。手湿疹に悩んでいる方は特に注意しましょう!

環境負荷が少ない

アルカリ度は高くとも重曹やセスキにならび環境負荷も少なくすむのがこの過炭酸ナトリウムの魅力です。

というのも、使い終わった後は自然へとかえっていきます。分解されるんです水に。水と酸素と炭酸ソーダに分解され環境にやさしい洗剤といえます。赤ちゃんがいる家庭や肌の弱い方にも安心なのではないでしょうか。

色柄ものも漂白できる

色素を分解して無色の物質にかえてくれます。すなわち漂白してくれるということ。普通は色柄物とわけて漂白もするべきですがこの酸素系漂白剤ならそんな心配もいりません。色柄物だって漂白したい時ってありますよね。

そういう時には酸素系漂白剤を使いましょう。色落ちの心配もなく、汚れだけキレイにしてくれます。

危険はあるの?

過炭酸ナトリウムは危険なのでしょうか?実は取り扱いの仕方によって注意しなければならないことがあります。とはいっても注意すれば大丈夫。過炭酸ナトリウム単体が危険なわけではありません。

  • パッケージ保存で容器やスプレーに移しかえたりしないこと
  • 水と混ぜたら使用後に長期保存せず使い切りにすること
  • 近くに可燃物は置かないこと

以上のことがまもれていれば怖がることはありませんので安心して使用してください(*´ω`*)

詳しいことはこちらの記事を参考にどうぞ~

過炭酸ナトリウムが火事になる?かわいい容器にいれちゃダメって知ってた?正しい保存方法を知ろう
過炭酸ナトリウムが火事になる?かわいい容器にいれちゃダメって知ってた?正しい保存方法を知ろう
過炭酸ナトリウムの正しい保存方法。保存方法を間違えば火事になる?危険性をきちんとしって楽しいナチュラルクリーニングをしましょう。

基本的な使い方

漂白に

漂白をするのに酸素系を使うと色柄物関係なくキレイになります。シミのついた衣類も、まな板の漂白やふきんなどにも使ってみましょう。スッキリきれいになるはずです。

ふきんやまな板の除菌・漂白もセスキで!過炭酸ナトリウムもプラスして
ふきんやまな板の除菌・漂白もセスキで!過炭酸ナトリウムもプラスして
キッチンは清潔が大事。でももっと重要なのはふきんやまな板じゃないでしょうか。いちばん雑菌がたまりがちで、なおかつ毎日使うものです。これらは清...

私は日々のふきん洗いには重曹やセスキでふきんの煮洗いをしています。でも月に1度くらいは酸素系で漂白してみましょう。ナチュラルにふきんも洗うことが食の安心にもつながりそう(*´ω`*)

カビ取り

お風呂など水回りにできてしまったカビをとりのぞいてくれるのはセスキよりも過炭酸ナトリウムです。お風呂の黒カビも除去してくれました。お風呂のような密閉空間で掃除すると塩素系の場合ツンとしたニオイでくらくらすることもありました。しかし過炭酸ナトリウムは無臭です。臭くないので掃除もしんどくありません。とっても快適にお風呂もお掃除できますね(*´ω`*)

過炭酸重曹ペーストの威力!風呂の黒カビ完全退治できるか!?結果、酸素系の魅力にとりつかれる
過炭酸重曹ペーストの威力!風呂の黒カビ完全退治できるか!?結果、酸素系の魅力にとりつかれる
過炭酸ナトリウムの入ったオキシクリーンを本日はお風呂の床掃除に使います。どうしてもとれない黒カビ汚れがあるんです…。 床のピンク汚れに...

ペースト状にしてぬりつければカビ取りになります。それだけじゃなく、排水溝のカビにもきくのでパイプクリーナーの役目もしてくれますし、洗濯槽のカビにも効果的です。しっかりカビを落とせば洗濯物も臭くないし、黒い汚れも付着しません。洗濯機の洗濯もきちんとしましょう。

洗濯物が臭い&ひらひらワカメがついてくるなら過炭酸ナトリウムで洗濯槽掃除しよう!【縦型洗濯機編】
洗濯物が臭い&ひらひらワカメがついてくるなら過炭酸ナトリウムで洗濯槽掃除しよう!【縦型洗濯機編】
洗濯槽の掃除って頻繁にするものでもありません。 ですがですが…これを甘く見ていると恐ろしい事態になります。最悪洗濯機の買い替えという事...

洗濯洗剤として

洗濯に使う洗剤としての役割も果たしてくれます。セスキも同様に洗濯に使うことができるのですが、つけおき時間は3時間以上と長時間におよびます。私は一晩つけて翌朝に洗濯しています(´-ω-`)

とはいえそんな長時間のつけ置きは面倒ですし、忙しい人には無理ですよね。ちょっと大変なセスキ洗濯。

でもその悩みを解決してくれるのが過炭酸ナトリウムでの洗濯です。

つけおき時間が短時間(20分ほど)ですみ、簡単に洗濯ができます。そのうえ漂白にもなります。ただセスキより割高。でも楽で簡単。

それが過炭酸ナトリウム洗濯!

しかも日々この方法で洗濯しているとカビ予防にもなるんです。洗濯は毎日のことです。でも洗濯槽に一度ついてしまったカビは繰り返し生え続けます…それを予防してくれるんだから後々カビが生えることを考えると楽ちんでお得なのかもしれませんね。

過炭酸ナトリウムが使えないものは?

金属は絶対ダメ!

絶対に注意したいものは金属です。金属製のものには使わないように注意してください。家具や道具だけではありません。洗濯する時にも要注意です。

ファスナーやバックル等金属製の場合には使用できません。他にも媒染剤として鉄や銅が含まれる繊維にも使えません。草木染めの布製品も使えないとのこと。

服の繊維に何が入ってるとかわからへんやん!とか思ってしまいますが…あやまって使用してしまうと金属と反応した過炭酸ナトリウムによって変色したり繊維が劣化したりします。

ですから目に見えてわかる付属品には注意しましょう。ボタン・バックル・ファスナー…これらにだけは注意して洗濯してください。

…ですが例外が一つありました。

それがステンレスはokということ!金属はダメだけどステンレス製のものには使用できます。食器や鍋でも同じです。ステンレス製の食器や鍋は使用できます(”◇”)ゞ

最後に

過炭酸ナトリウムについてまとめてみました。過炭酸ナトリウムって何に使うのか使い分けは私もまだまだ勉強中。あまりにひどいカビには効かず、黒カビも残っている箇所があります…ここまでどうしても落ちないものは塩素でパパっと除去するのがいいのでしょうね…その後はちゃんと予防掃除する!塩素使いたくないならばカビ対策きちんとしなきゃいけませんね(´-ω-`)